「IS350」GSE20系 2005-2013年

購入時の注意点

中古車購入時に気をつけてほしいのがタイヤです。

“タイヤ一発”などの艶出しクリーナーの効果は絶大で、カーセンサーやグーネットに掲載用の写真撮影時にこれを吹かれると全て新品に見えてしまいます。

特に、初代「IS250/350」は要注意。
タイヤローテーションができないため、フロントタイヤが極端に減っているケースが多々あるからです。

※タイヤローテーションとは減りやすい前輪と後輪を入れ替えることです。
右前タイヤが最も減りやすく(ドライバー1名乗車の際の影響+エンジン重量の関係で自動車はフロント側が重い+操舵の際の左右動作の為)、そして左後が減りにくいため“X”字に入れ替えを行なうことで4輪のタイヤ寿命を平均化する作業です。
弊社では5,000km毎のローテーションをお薦めしています。

じつは安定感を出しつつ、旋回性を高めるには、フロントよりリアタイヤの接地面積が大きいほうが有利。

ただ、一般車ではむやみに部品が増え、コストアップに繋がるので、採用されている車種は限られています。
それを採用してしまったのが初代「IS250/350」。

ご購入の際は、フロントタイヤの溝、必ず、チェックしてみてください。
明らかに減っている場合は「タイヤを新品交換してくれるなら買う」と、おっしゃってみてください。

値引きレベルの要求なので、大丈夫だと思います。

 



スポンサーリンク

 

【マークレビンソン】は必要か?不必要か?

オーディオ好きの僕でもレクサスの純正スピーカーは相当、レベルが高いと感じます。

初代「IS250/350」は、純正が13スピーカーに対し、【マークレビンソン】は14スピーカー

【マークレビンソン】オプション価格:294,250円・・・。

もちろん、純正と較べて悪いわけではありません。

ただ「IS350」への装着率が意外に高いだけに、中古車を探す際、【マークレビンソン】に拘るお客様がいらっしゃったことがあり、なかなか思うような個体が出てこなかったことがありました。

実際、差を感じるとすれば、外部に漏れるほど大音量で聞きたいときの安定感でしょうか。

とにかく、トヨタ系、特に“レクサス”はスピーカーが高品質なので、純正で充分だと思います。
繰り返しになりますが、純正で13スピーカーです・・・。

ちなみに、2013年-「IS」では純正10スピーカー、【マークレビンソン】15スピーカー。

かなり差別化されています。

6スピーカーと7スピーカー(6+リアウーハー)の差はかなり出ると思いますが、それ以上になると僅かずつしか違いは出ないと思います。

音楽の感性は人それぞれですので、上記はあくまで個人的な感覚ですが、ご参考になれば幸いです。

以下に評価表、当時の新車価格表、諸元表がございます。
よかったらご覧ください。

 

スポンサーリンク



 

こちらも名車。
初代「IS250」の試乗記は>>>こちら

電磁石でシートに背中が・・・
驚異の初代「IS-F」の試乗記は>>>こちら

ハイブリッドに3,500cc、2,000ccターボ…
それぞれの特性が違いすぎる30系レポートは>>>こちら

 


○初代20系「IS350」2005年-2013年評価表○
≪非常に良い・良い・普通・悪い・非常に悪いの5段階で評価しています≫

総合評価 非常に良い+
運転楽しい度 非常に良い
後席居住性 悪い(狭い)
リセール価値 悪い
故障のしにくさ 非常に良い
部品の安さ 普通

レクサス初代「IS250/350」5%税込価格表
IS2503,980,000円
IS250(AWD)4,340,000円
IS250"versionT"4,200,000円
IS250"F SPORT"4,500,000円
IS250"versionL"4,530,000円
IS250"versionL"(AWD)4,880,000円
IS3504,960,000円
IS350"versionT"5,080,000円
IS350"F SPORT"5,380,000円
IS350"versionL"5,410,000円

初代「IS350」主要諸元表
全長4,585mm
全幅1,795mm
全高1,430mm
ホイールベース2,730mm
最小回転半径5.1m
車両重量1,600kg
乗車定員5名
エンジン種類V型6気筒DOHC
トランスミッション6 SUPER ECT (6AT)
総排気量3,456cc
エンジン最高出力234kW[318PS]/6,400r.p.m
エンジン最大トルク380N.m(38.7kgf-m)/4,800r.p.m
使用燃料無鉛プレミアムガソリン
10.15 モード10.0km/L